利用者の声

CLAIRVOを導入しようと思った理由はなんですか?

私ひとりでは24時間の夜間対応がなかなかできませんので、そのフォローとなればよいと思い、今回導入を決めました。

重篤なコをお預かりしたときも、これで見ていることができるので安心です。

どういった場面で、CLAIRVOを主に活用されていますか?

主に夜間の見守りに使用しています。モニターは自宅で見ていますね。

手術でお預かりしたコの状況確認や、そのほかにも入院のコがいれば夜間の様子をCLAIRVOで見るようにしています。

オーナーさんに対して情報提供をきちんとできるようにするためにも、
昼間はもちろんですが夜間の状況についても、そのコそのコの状態を把握するように心がけています。

CLAIRVOを導入する前は、どうように対応されていましたか?

これまでは定時的に病院まで様子を見に戻るか、または市販の遠隔のカメラを使って撮影していました。

市販のカメラとの大きな違いは、心拍と呼吸の状態を確認できるところですね。

また、動物の状態がおかしいときにはメールで通知してくれる機能もあるので、こちらも利用しています。

もちろん100%これだけを信じるのではなく、自分の五感で判断することも重視しています。

目視で確認し、呼吸状態がおかしければすぐに駆けつけるようにしています。

今後こういった機能がつくと良いと思うもの、こういう使い方をしたいなどがあれば教えてください

レンズが広角なので全体を把握できますが、拡大ズームでさらに詳細に見られたらよいなと思います。

先生ご自身の診療方針、目指す動物病院のあり方を教えてください

オーナーさんの気持ちを大事にすること、また、そのコそのコに合わせたオーダーメイドな治療を提供していきたいと考えています。

水野 聡 先生

獣医師
水野 聡 先生 一之江どうぶつ病院 院長

一之江どうぶつ病院
東京都江戸川区松江7-28-6
http://www.ichinoe-ah.com/

一覧へ戻る

導入について

会社概要

お問い合わせ

デモ依頼

CLAIRVOアプリをダウンロード

CLAIRVO2アプリをダウンロード

レポートツールExcelのダウンロード

Windows版

Mac版